スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんの釣れない日記

豆なれど

磯もそろそろ灼熱地獄
少しは人も減っただろうと
オラ入れて5人だと
んじゃ~と行って来ました

前々回、アジゴ集団の下のデカバンにエサが届かず惨敗
前回は刺し餌用にムキミを用意して行ったが、マキエワークで攻略成功
今回は初心に帰って撒き餌のオキアミで勝負

KIMG0071.jpg

ここら辺に上礁(帰りに撮影)

KIMG0070.jpg

ここは左のゴートーをかすめて右沖へ出ていく時が好釣果が望めるが・・・
どうも動いてないような
撒き餌を打つと、見慣れたアジゴ集団
今年のアジゴは随分長居するなぁ
左のワンド中心に撒き餌を効かす
撒き餌が効くと、ここにヒラくんが入ってくるのだ
但し、ここに来た奴は2号未満のハリスでないと食わない

エサ取りにめげずに続けていると靴の裏(笑)クラスのクロが食いだした
本流は相変わらず一定しない
時折流れると、オラの前は左に良い感じで引かれていく
ウキがモゾモゾっと、かつ少し重量感ある動きをした
軽く合わせると、一気に走った
ベールを起こし、やんわりと走りを止める
8か月ぶりの強引な奴だ

今日は最初からヒラ狙い
竿はTwinPulser1.7号
リールExsenceLB
ハリス2.75号

マメ ヒラの強引な突進を受け止めてくれる
それならSUT買う必要なかったかな

いや、その話は別の機会に

KIMG0064.jpg

無事Get その後1本追加
即、予約が入る

靴の裏クロもそこそこ釣れた
早めに納竿、汚した所を流す

KIMG0068.jpg


 続きを読む 

おっさんの山遊び

ユートピアのお花畑

一昨年11月、三鈷峰へ行きユートピアのお花畑を知る
去年はバタバタして時間が取れず
今回やっと行けました

P1000130.jpg

3:30起床、4:00出発
何か釣りとあんまり変わらん様になってきた

三鈷峰ではスリルを楽しみ

KIMG0045.jpg   KIMG0048.jpg



ユートピア小屋ではお花畑を愛でて

P1000175.jpg   P1000163.jpg


砂すべりで下り、あわよくば元谷から行者谷分かれを経て弥山へ・・
無謀な企てを(笑)

結果的に断念
敗因は
 1. 11月とは大違いの凄い人出、あちこちで渋滞発生
 2. 下界よりは涼しいものの暑さによる体力消耗
 3. 砂すべりコース行く人が他にいなかったので通常コースで下りた
 4. ユートピアコース入口まで下りた時点で水2Lの内1L強を消費
   食い物は逆に多すぎたかな
 今回を参考にすれば、達成は可能かと


尚、お花畑の綺麗な写真は下記のリンクよりお願いします

    大山ユートピアのお花畑はここから



 続きを読む 

おっさんの山遊び

雲月山

歩きたいのか、撮りたいのか
何処か行きたいが、熊と蝮が行く気を削ぐ
幸いここらには人食い熊は居ないみたい
熊鈴が有れば大丈夫だろう、たぶん

選挙済ませ遅い出発となり
芸北を目指す

[000041]   [000042]

昼前に展望台下の駐車場へ到着
気持ち良さげな草原の山
取り敢えず登山口目指し車道を登る

[000044]

看板の右側が本来の登山道だがの気配が(笑)
左の道には先行者が

[000045]

当然、左の道へ
最初の丘に上がるとベンチが有った

何と、おねぇ様方ランチタイムじゃん
暫し談笑し、蛇払いはここで交代

[000046]

草原の尾根歩きを楽しむ

[000055]

二つ目のピークが山頂だった

P1000088.jpg

花を撮る余裕も出てきて

[000048]   [000052]   P1000093.jpg

振り返ると、おねぇ様方も後を追ってくる

P1000084.jpg

さぁ道を切り開いとかなきゃ

P1000092.jpg

ここから先は右は森林だな
時々鈴を大袈裟に鳴らし進んでいく
所々低木が茂ったり、草ボーボー
谷へ下ると遂に藪漕ぎ

P1000096.jpg

『出るな、出るな』と唱え、縦走完了
着替えを済ませ、通りがかった地元のおじさんと話していると
おねぇ様方、別方向から帰還

『だって、あの道はこの前来た時蝮が2匹道の真ん中に居たもん』だって

確かにの気配たっぷりだったもんね
今度からポール忘れん様にしなきゃぁ    

おっさんの山遊び

試運転

実は衣笠さんに会いに行った日曜日
その前日にクロネコさんから明日ブツを持っていきますってメールが

ウスキキヌガサタケ、出来れば新兵器で撮りたい
でも早く来ればいいけど、時間の保証はない
もし遅くなって配達員さんにI市のおじさんみたいに
厳しい応対をするのも気が引ける
配達は月曜日にしてもらった

保護フィルム等小物を揃えたが
水曜日はイサキちゃんと・・・
翌日落ち着いて近所の河川敷ででも試写と思ったが
山用のブツは、やっぱり山でテスト
市内いや府中町だっけかの高尾山へ

駐車場へ着いたのは3時少し前
この日は梅雨の中休み
暑い、駐車しているのは殆んど営業マンさんの〇ボリかな
準備していると山ガールさんが一人帰ってきた
何処まで行きました?と問うと

『ゴサ!』 *注* 呉娑々宇山(ゴサソウザン)
ぶっきらぼうとも思えるが、簡潔で何かかっこよかった
早速、真似する自分が居た
おっと、5時にはゲートが閉まる
ゆっくりはできない
水とブツを持ち歩き始める

舗装路から左に折れると、いきなり急登
登り切ると、気持ちのいい自然歩道

P1000027.jpg

この位置からレンズを替えてZOOM

P1000029.jpg

さすがミラーレス一眼

けれども山頂が近くなった訳ではない
大汗かいててっぺんへ

P1000042.jpg   P1000047.jpg

近郊とは思えないような雰囲気
下をZOOMしたら

P1000051.jpg

さぁ、ゆっくりはできないが暫し地鶏で遊ぶ
公開予定無し、帰路を急ぐ
やっと花(ヤマツツジかな?)発見

P1000054.jpg

・・やっぱ腕も必要かな
下まで降りて、再度

P1000060.jpg   P1000061.jpg

うーん、お粗末でした









 続きを読む 

おっさんの釣れない日記

イサキ食いたい(笑)

高島で完全ズーボの洗礼を受けて、そろそろ1ヶ月
そろそろイサキは小さく、人は少なくなる頃かな

7月6日晴れ、波1mなれど
高島は行ってみなきゃぁ分からない

KIMG0025.jpg


やっぱりこれでは希望の磯は難しいな
何とか隠れた名礁に上がれた

いざ釣り開始
前回と同じじゃん、アジゴの運動会だ
今回は更にウリボウが加わっている

KIMG0018.jpg

際、沖 アジゴは猛ダッシュ
かわせばウリボウ
前回の二の舞はごめんだ

よって良型のウリボウを密かにKeep
恥ずかしながら3尾確保した頃
沖の雰囲気が少し変わった
足元の撒き餌を切らさないようにしつつ
沖へ集中攻撃

ドカァーン
初めてやり取りするような魚が来た
何だろう、青物ではないが一向に寄らない
一瞬姿が見えた
えっバリ?、いや違うクロか?
グッと竿を起こす

げぇっ、尾びれの手前に3つの黒い点が
散ちゃん、いやサンコウじゃん

KIMG0020.jpg

これを境にポイントに流し込めるとイサキ、クロが食いだした

KIMG0023.jpg

35~40のイサキ2枚
38までのクロが7枚
久々に釣りした気分
あっ筏もあったな




 続きを読む 

たっぷん

Author:たっぷん
釣りバカおっさんの飼い主
でもオラは三度の釣りより飯が好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。