スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんの山遊び

試運転

実は衣笠さんに会いに行った日曜日
その前日にクロネコさんから明日ブツを持っていきますってメールが

ウスキキヌガサタケ、出来れば新兵器で撮りたい
でも早く来ればいいけど、時間の保証はない
もし遅くなって配達員さんにI市のおじさんみたいに
厳しい応対をするのも気が引ける
配達は月曜日にしてもらった

保護フィルム等小物を揃えたが
水曜日はイサキちゃんと・・・
翌日落ち着いて近所の河川敷ででも試写と思ったが
山用のブツは、やっぱり山でテスト
市内いや府中町だっけかの高尾山へ

駐車場へ着いたのは3時少し前
この日は梅雨の中休み
暑い、駐車しているのは殆んど営業マンさんの〇ボリかな
準備していると山ガールさんが一人帰ってきた
何処まで行きました?と問うと

『ゴサ!』 *注* 呉娑々宇山(ゴサソウザン)
ぶっきらぼうとも思えるが、簡潔で何かかっこよかった
早速、真似する自分が居た
おっと、5時にはゲートが閉まる
ゆっくりはできない
水とブツを持ち歩き始める

舗装路から左に折れると、いきなり急登
登り切ると、気持ちのいい自然歩道

P1000027.jpg

この位置からレンズを替えてZOOM

P1000029.jpg

さすがミラーレス一眼

けれども山頂が近くなった訳ではない
大汗かいててっぺんへ

P1000042.jpg   P1000047.jpg

近郊とは思えないような雰囲気
下をZOOMしたら

P1000051.jpg

さぁ、ゆっくりはできないが暫し地鶏で遊ぶ
公開予定無し、帰路を急ぐ
やっと花(ヤマツツジかな?)発見

P1000054.jpg

・・やっぱ腕も必要かな
下まで降りて、再度

P1000060.jpg   P1000061.jpg

うーん、お粗末でした









 続きを読む 

おっさんの山遊び

極楽寺山

山頂の駐車場で一眼レフを担いだ爺様とも合流
そう、ここは山頂まで車でも来れるんです

更に登って下って、もう一度登って
それらしき所に到着
でも見当たらない
YAMAPの読み込んだ地図ではもう少し先かな
写真と地図が関連付けされているが
何故かアレだけは関連付けされてないが
見当は付く

登山道から遠い奴は20m位は離れていたが
3つ発見
お姉さま方にも教え、降りていくと
カメラ爺様いるじゃん
こいつぅ知ってたんだな
さてアレです

IMGP2586.jpg   IMGP2587.jpg

ウスキキヌガサタケ 黄色いシースルーのスカートをはいた淑女?
美人薄命、1日の数時間しか見れません

カメラ爺様、おば様

IMGP2589.jpg

良い絵を撮ろうとすれば、こうなるんだろうね

後は任せて、蛇の池へ

IMGP2592.jpg   IMGP2593.jpg

IMGP2596.jpg   IMGP2595.jpg
IMGP2594.jpg   IMGP2600.jpg

殆どの方のお目当ては此処だった

睡蓮と水辺の花を堪能
ついでに真っ赤激も

IMGP2599.jpg

帰途、極楽寺を観光しながら降りていく

IMGP2603.jpg

まだ登ってくる人たちがいる
いくつか花の名前を教えてもらった

錫杖だったかな

IMGP2607.jpg

そして蜻蛉草
お兄さんが撮影に暇がなかったので撮れなかったが
後で調べるとなかなか面白そうな花じゃん
スキマスイッチも歌っているし

山って面白過ぎ(笑)










おっさんの山遊び

今度こそ海?

KIMG1096.jpg

おいおい、何で人の獲物がTOPなんだよ
おっさんが釣ったのはこれだろう


KIMG1099.jpg

ゴマサバじゃなくてマサバだったら良かったのに

で今度は山か、今年は熊が多いから大きな鈴を買っといたぞ
オラも今までの音よりこっちが好きだな


P1000008.jpg

熊が好きな音じゃぁ困るんだが

さて、ある物を目当てに登山口へ

KIMG0001.jpg

既に結構な人出
皆さんもアレが目当てだろうか
まずは高速に沿って歩く

IMGP2584.jpg

そして階段

IMGP2585.jpg

前日に1時間で駆け上がった強者お姉さんが居たらしいが
まぁ何とか山頂付近まで辿り着き
先行する3姉妹さんと合流する(本当は3世代

KIMG0008.jpg

お姉さま方正確な場所を知らなかったんで
ひとえにYAMAPの地図のおかげです


              ---つづく










おっさんの山遊び

海 否 やっぱり

くじゅうから何とか生還

そろそろ魚が食いたい

KIMG1065.jpg

海豚ならいっぱい居たけど
何かと風当たりが強いので断念
手ぶらで帰還

さて、たっぷりと遊んできた久住だが心残りが
一度は見たかったオオヤマレンゲ
平治や大船山で咲いてたらしい
迂闊にも見落としていた
それが近くでも見れるらしい
時期的には少し遅いかもしれないが
行ってみるか

土曜日、少し遅めに登山口近くの駐車場へ到着

KIMG1076.jpg

結構な人出だ
平治や大山の渋滞はうんざりだが
山の場合、人が多いのは歓迎だ
 や  との遭遇確率が低くなる
釣りは人が比較的少ない平日にかぎるが


KIMG1077.jpg

山頂まで距離はあるが緩勾配の所が結構あって登りやすい
とは云っても楽ではない
喘ぎ始めた頃、ササユリが

KIMG1078.jpg

壮大なピンクの絨毯を見た後だが
一輪の清楚な白い花も良いものだ
元気を貰って、森の貴婦人を目指す

IMGP2557.jpg

登山道を挟んで針葉樹と広葉樹が相対する

IMGP2559.jpg

ブナの木に癒しを感じる様になっては
もう足を洗えないかも(笑)

2時間程登ったところで発見

IMGP2571.jpg

恥ずかしがる貴婦人を近撮 

IMGP2563.jpg   IMGP2570.jpg   IMGP2568.jpg

なるほど!これを見て ”大山蓮華” が理解できた
周りには何輪か枯れた花もあったが開いたものは無かった

目的は果たしたが、一応山頂にも

IMGP2564.jpg   IMGP2566.jpg

さぁ降りるべぇ

IMGP2572.jpg

元気なシダ

IMGP2560.jpg

ウツギ? (白飛びしてる

花の知識や一眼レフが欲しくなった













おっさんの山遊び

段原→長者原

段原の通過予定時刻を上まっているが、ここの下りは初めて
恐る恐る下り始める

ズルッズルッ、カクッ
解説すると北大船山への登り以上のガレ石
ちょっと油断すると石の変なところに乗ってズルッ
又は足首を捻る様にカクッ
半世紀前の鍛錬のおかげで捻挫はしない

長~い下りを経て坊がつる着
後続の若い3人組の足音から逃げるように駆け降り
何人抜いたか分からない
でも疲れはしっかり足に溜めこんでしまった
雨ケ池への登り返しがグッとのしかかる

IMGP2465.jpg

18:30 何とか長者原へ辿り着いた

KIMG1026.jpg

おっ平治号君、戻ってきたよ

オラには挨拶なしか

忘れてた

Screenshot_2016-06-03-18-14-34.png  Screenshot_2016-06-03-23-47-04.png


約10時間、3万8千歩 よく遊んだな
さぁ帰らなきゃ

途中で飯食って、安全の為下松で30分仮眠
広島IC出たのが0:06
おかげで行き帰りとも深夜割引
遊んだ、遊んだ

しかしオラもタフかもしれんがTorqueG02もタフだ
電池残量40%近くあった


たっぷん

Author:たっぷん
釣りバカおっさんの飼い主
でもオラは三度の釣りより飯が好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。