スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさんの山遊び

三瓶山(縦走)

急勾配の650mの標高差を登り切ったなら
以前は満足して大人しく下山したんだろうが

このまま降りてしまっては勿体ないと思い出した
これはふく丘のファイト一発コンビの悪影響だろうか

まずは想定とは逆に時計回りに女三瓶山を目指す

IMGP0784.jpg

このルートはそれ程人が通らないのか
自然が残っている

CA3I1213.jpg

最初は痩せ尾根を恐る恐る降りていく

崖の切れ目から振り返ると

CA3I1212.jpg

背後から見る男三瓶はあらあらしい

IMGP0783.jpg

室内池(muroのうち池)が見える
あの向こうの尾根道が待っている

IMGP0788.jpg

最後に登り返しがあったが、下りが殆どで女三瓶へ到着
このお二人さんは本文には関係ありません

北の原からはリフトで少し下まで登ってこれるのです

IMGP0785.jpg

孫三瓶山と子三瓶山、この二つが待ち構えている
おっとその前に大平山が

IMGP0792.jpg

難なく大平山通過

孫三瓶山の急勾配を前に尾根歩きを楽しむ

IMGP0795.jpg IMGP0794.jpg

コバノミツバツツジも疲れた気持ちを癒してくれる


喘ぎながらも孫三瓶山到達

IMGP0796.jpg

暫く休憩して、最後の子三瓶山へ向かう

IMGP0800.jpg

下った鞍部の十字路を左折すると三瓶温泉に下山できる
少し迷ったが直進を選ぶ

急勾配のガレ場が続くが
最後の登りだと思えば足は動く

登りきるとそこは気持ちの良い草原

IMGP0806.jpg

全山縦走完了

IMGP0813.jpg

後は下るだけ

IMGP0817.jpg

鞍部には西の原へ下りる標識もあったし

IMGP0821.jpg

このルートもあんまり通る人がいないんだろう
一部熊笹が生い茂っていた

心地良い疲労感を感じながら下山

IMGP0822.jpg

でっかい山だったなぁ















携帯の歩数計を見ると

IMGP0824.jpg

22,000歩を超えている

ナビを見ても

CA3I1216.jpg

一周しているし
けど途中では一度もナビ見なかったな
流石に国立公園だな

心残りは山ガールさんがあまりいなかった事かな

スポンサーサイト
コメント

山容は

まるでくじゅう山系の三俣山様です。 どこから見ても三つ見える山は、Ⅳ峰があり、四つ俣の山です。
火口跡に水が溜まり、その渕がナイフエッジの痩せ尾根馬の背になってる様な山容・・・・・・くじゅうに来たのかいなとv-16

ところで・・・・・カップルさんにチョッカイ出した、くまさんじゃないの?・・・・・・お昼の様子がない・・・・・しこたま歩いて山歩きを楽しんだかな v-17 草原のお山の縦走は、楽しいねぇ~v-266

お疲れ様でした。4つ又組は、山頂到達マッチェさんだけでした。

確かに

日本海側のお山は九州の山と雰囲気が似ているかも
時間が読めなかったんで、持っては行ったんだけど
ラーメンは無し、おむすびだけだよ

山頂到達はマッチェどんだけか
そうするとTさんは二日連続の滑落ってところだねv-12

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たっぷん

Author:たっぷん
釣りバカおっさんの飼い主
でもオラは三度の釣りより飯が好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。